節約ママの生活を豊かにするヒント

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約ママの暮らしを豊かにするヒント

1歳の娘を育てながらOLとして働くワーキングマザー。育児・ブログ運営・格安SIM(MVNO)・節約の話題多し。無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信します。

源泉徴収されてるライターは確定申告したらお金戻ってくる可能性高い

お金-税金 お金

今回はもともと確定申告が必要なくらい稼いでいる方には関係ない記事です。確定申告の時期がやってきました。私の場合は税金を払う必要がないどころか、お金が戻ってきます。源泉徴収で自動で払われている税金が、払いすぎだったから戻ってくるみたい。確定申告が必要ないくらいの収入で、源泉徴収されている仕事をしてる場合は税金が戻ってくる可能性大ですよ! f:id:Sachit:20170204232907j:plain

ライターのお仕事で源泉徴収されてるときありません?ライターさんに限らず、副業やお小遣い稼ぎ程度だから確定申告いらないなという人結構多いと思います。(原則他の給与所得なかったら38万円、給与ある人の副業だったら20万円未満)もし、ライターのお仕事で源泉徴収をされた場合、余分に税金を払ってしまっている可能性が高いです。

源泉徴収は税金を雇用主(クライアントさん)が事前に払ってくれている制度

そもそも源泉徴収とは

給与や報酬などの支払者が、給与や報酬などを支払う際に、その金額から事前に所得税などを差し引いて支払いを行う制度

(出典:MFクラウド会計

ライターならクライアントさんが事前に国に税金を支払ってくれている仕組みです。ただ、この仕組みの残念なところは源泉徴収率が一律で決まっていること。しかも事前に差し引いておく必要があること。本来なら税金を払わなくてもいい金額までしか稼いでない人からも、一律で税金がかかってしまうことなんです。

まあクライアントさんとしても、ライターさんが1年間でどれくらい働いて稼いでいるかなんて把握できないですしね。

年末調整しない分は、確定申告しないとお金は戻ってこない!

会社に勤めていたら年末調整がある会社がほとんどだと思います。会社での年末調整をすれば、会社のお給料で源泉徴収された分の過不足分は調整されます。(払いすぎていたら戻ってくるし、足りなかったら追加で支払い)

ただ、フリーランスや副業でお仕事した分は基本的に年末調整はないはず。年末調整がない分は確定申告しないと払いすぎた税金は戻ってきません

返ってくる金額も百とかではなく、千・万の単位になるので面倒と思って手続きしないのはもったいないと思います。働かなくてもお金が戻ってくるって素晴らしいと思う。

確定申告は思ったより簡単です!基本的に雑所得でOK

確定申告と聞くと難しそうなイメージですが、思ったより簡単です。確定申告いらないかなと思う程度の金額なら白色申告の雑所得で大丈夫でしょう。(私は雑所得で申告しました)

必要なのはこれくらい

  • 源泉徴収票(本業がある人)

  • ライターなどで得た1年間の収入合計がわかるもの

  • 源泉徴収額の金額がわかるもの

  • 経費(あれば)

ランサーズなら1年間の月別所得と源泉徴収額が一覧になっているものがマイページから確認できますね。

後は国税局のホームページの案内に従って入力していったら確定申告書が出来上がります。どうしてもわからなかったら、上にあげた書類を直接確定申告コーナーに言ったら税務署の人が優しく教えてくれます。

この方のブログが参考になりました

税理士 永岡玲子のブログ » フリーランス必見!請け負い・外注扱いの人の確定申告

初めてだったので所要時間は30分くらいでした。試しにクラウド会計ソフトも使っていましたが、雑所得で申請するならソフトなしでも大丈夫そう。

クラウド会計ソフトのレビュー記事
ランサーさんはMFクラウド確定申告を使ってみたらいいと思う - 節約ママの暮らしを豊かにするヒント

還付額もその場でわかるのでぜひお試しを

ちなみに、国税局のホームページで確定申告書入力すると、入力完了時にいくら返ってくるか(いくら支払いが必要か)表示されます。クラウド会計(確定申告)ソフトでも税額は自動で計算してくれたはず。

返ってくる税金を確かめてみるだけでも試してみてはいかがでしょうか?